ヘルシーネイルケア

ヘルシーネイルケア

line3

きれいな爪はまず、健康な爪からです。 爪が疲れていると、ネイル映えしなくなります。 爪は健康であってはじめて、ネイルを楽しむことができます。 nicoleではヘルシーネイルケアをMENUとして、お勧めしています。 >>MENU詳細はこちら 爪はだいたい3ヶ月~6ヶ月で生えかわります。 定期的にケアをすることで、爪をヘルシーに保ちましょう。 また健康的な爪を保ちながらネイルを楽しむために、私たちはノンサンディングジェル(パラジェル)をお勧めしています。

ノンサンディングジェルとは?

line3

helthy-nail ジェルネイルはジェルがはがれにくくするためにサンディングと呼ばれる爪の表面をざらざらにするやすりがけの工程を入れるのが一般的です。このやすりの目の粗さもいろいろありますが、本来は自爪(じづめ、自分の爪)を傷つけること自体は決して良い事ではありません。 ジェルネイル自体は今から15年くらい前にイギリス発で世界中に広まったネイル素材なのですが、もともとは爪の厚みのある人種の人たち向けに開発された手法であることもあり、その全てが日本人にとって良いものかというと必ずしもそうではありません。 特に爪は個人ごとに特徴があり、健康な人でもサンディングをしすぎれば爪が薄くなりますし、長い目で見れば爪のおしゃれを楽しめなくなる可能性もあります。 そこで私たちはノンサンディングジェル(サンディングをしないタイプのジェル・パラジェル)を選んでお勧めするようにしています。
サンディングをしないとジェルがはがれやすくなるのではないか、というご心配もあると思いますが、右図のようにサンディングをしないジェルに変えられて約3ヶ月程で爪の厚みが健康な状態になることと、もともとノンサンディングタイプのジェルは爪の表面がつるつるでもはがれにくいタイプのジェルなので、ご心配されるほどはがれたりはしません。 ぜひスタッフにお気軽にご相談頂いて、まず爪の状態、爪の厚みを見ながら健康的にネイルを長く楽しんで頂ければと考えています。

PAGE TOP